国際・政治ワールドウオッチ

マニラの国際空港で中国人140人を不正入国させる=竹内悠

フィリピン 入国管理局の職員45人処分=竹内悠

 フィリピンの行政監察院(オンブズマン事務所)は6月、中国人の不正入国に関与していたとして、入国管理局の職員45人を免職処分にした。入国に便宜を図る見返りに計約140万ペソ(約350万円)を受け取っていたとされる。同様の汚職は過去にも発覚しており問題は根深い。

 入管職員らは空港での入国手続きに便宜を図り、計約140人から1人当たり1万ペソの賄賂を受け取っていた。副局長だったマルク・レッド・マリニャスを中心にチームが組織され、マニラ首都圏のニノイ・アキノ国際空港(NAIA)の第1、第2ターミナルで犯罪に及んでいた。2017年に始まった中国人観光客への到着ビザ(査証)制度を悪用し、同年からコロナ禍で外国人の新規入国が原則禁止される20年2月ごろまで続いたと…

残り182文字(全文535文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事