【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

国際・政治論壇・論調

EUがウクライナとモルドバに門戸開き、ロシアへの対抗姿勢明示=熊谷徹

EU加盟に踏み出したウクライナ

課題は山積、決定まで長期化も=熊谷徹

 欧州委員会のフォンデアライエン委員長は6月17日、ウクライナとその隣国モルドバを欧州連合(EU)加盟候補国に認定するよう勧告した。全ての加盟国首脳が賛成し、両国が司法改革を実施するなど一定の条件を満たせば、加盟のための審査プロセスが始まる。EUはロシア軍との間で激しい戦いを続けるウクライナに重要な「希望」を与える道を選んだ。

 ドイツの日刊紙『南ドイツ新聞(SZ)』は6月18日付電子版で「ウクライナは、EU加盟への最初の重要なハードルを越えた。ゼレンスキー大統領は、『我が国のEU加盟へ向けた重要な一歩だ。ウクライナがEUに加盟すれば、欧州の未来にもプラスになる』と述べた」と報じている。

 ただしSZは、「欧州委員会はウクライナがEUに加盟するには、まだ課題が多いと見ている。両国は、司法制度や経済システムを改革し、汚職・腐敗防止のための仕組みなど、要求条件を満たさなくてはならない。一部のEU加盟国は、ウクライナを候補国と認定することに反対するかもしれない。ウクライナがEUに加盟できるのは数年後、もしくは数十年後になる可能性もある」とも指摘した。北マケドニアは2005年に候補国として指名されたが、17年たった今もEU加盟を果たしていない。

 だがロシアとの戦争が長期化する様相を見せている今、EUの大半の国が、ウクライナを精神的に支援するために、審査プロセス開始に賛成していることは事実だ。

 独公共放送連盟(ARD)のニュース番組ターゲスシャウは、「6月16日にドイツのショルツ首相がフランスのマクロン大統領、イタリアのドラギ首相らとともに初めてキーウを訪問しゼレンスキー大統領と会談した」と報じた。ARDによると、ショルツ首…

残り665文字(全文1415文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事