週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

米ドル主体の戦後経済体制に崩壊の危機=市岡繁男

始まったロシアの「米ドル資産」外し

 ロシアのウクライナ侵攻に対し、西側諸国はロシアの中央銀行の資産を押収する禁じ手に踏み切った。諸外国にしてみたら、世界一安全とされる米国債を持っていても安心できない。今回の件は新興国を中心に貿易におけるドル離れを促し、米国債の保有削減→金利上昇という形で米国自身に跳ね返ってくるのではないか。

 兆しはある。2008年のリーマン・ショック時をピークに、海外投資家の米国債保有シェアはずっと低下し、直近は00年以前の水準に戻っている(図1)。代わりに増加したのは新興国の金準備だ。各国とも際限もなく増刷されるドル資産の目減りを懸念しているのだ。昨年からは、海外中銀が保有する米国債残高や、米ドル主体の外貨準備高も減少し始めた(図2)。

残り252文字(全文584文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事