【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史小川仁志の哲学でスッキリ問題解決

ユニークで面白いアイデアや発想が浮かばず、遊び心がないといわれます/136 

Q ユニークで面白いアイデアや発想が浮かばず、遊び心がないといわれます

 まじめな性格が災いしてか、面白いアイデアを出したり、ユニークな発想をすることが苦手です。上司からも遊び心がないといわれます。どうすればいいでしょうか?(流通業企画担当・30代男性)

A すべては遊びの延長線上にあり。3種類の“遊びという活動”を心がけよう

 最近はどの分野でもイノベーションなど新しい発想が求められますから、遊び心がないと困りますよね。そもそもアイデアやイノベーションというのは遊びの延長線上にあるものだからです。

 私たちはどうしても遊びと仕事を分けて考えてしまいがちです。でも、アイデアを出すとなると、もう遊びも仕事も区別がつかなくなるのではないでしょうか。実際そのように明言しているのは、アメリカの思想家E・H・エリクソンです。

 彼はアイデンティティーの概念の提唱者として知られる発達心理学者でもあります。アイデンティティーは自己同一性などと訳されますが、自分が何者であるか、わかっているということです。そのエリクソンが、遊びを3種類に分類しています。身体感覚との遊びを意味する「自己領域」、玩具を用いた遊びの「小領域」、他者との遊びである「大領域」がそれです。

想像の世界の料理人

 これは子どもの遊びを念頭に置いたものですが、大人にも当てはまるものだといいます。大人もまた、仕事で何か考える際に遊びという活動をしているのです。まず、その活動を「思考」と呼ばれる自己領域の中で開始し、さらには実験室の中や製図板の上で事態のひな型を創ることによって、過去から未来を創造的に予測し、未来への希望を強めるというわけです。

残り756文字(全文1456文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事