教養・歴史小川仁志の哲学でスッキリ問題解決

提案を常に反対され、上司と口論となります。かわす方法は?/137 

Q 提案を常に反対され、上司と口論となります。かわす方法は?

 上司が常に私の提案に抵抗するので、スムーズに仕事を進めることができません。言っていることには一理あるのですが、いつも口論になり、ストレスがたまっています。どのようにかわしていけばいいでしょうか?(シンクタンク勤務・40代男性)

A 他者の抵抗が自己の成長を促す。人は「共同相互存在」なのですから

 たしかに仕事の最大のストレスは、スムーズに業務が進まないことですよね。その原因の多くは、人にあります。とりわけ上司に抵抗されるとやっかいです。しかも、嫌われているとか、理にかなわないことをいわれるなら相手にしないという手もあるでしょうが、一理あるならかわしきれないかもしれません。

 そこで参考になるのが、ドイツの哲学者カール・レーヴィットの人間観です。彼にいわせると、人間は「共同相互存在」なのです。つまり、私たちは単に個として一人で存在しているのではなく、常に他者と共に存在し、それによって自分を獲得していくということです。従来の西洋哲学が、「私」を単独の存在として扱ってきたのとは真逆の発想といえます。

対話と承認の関係

 わかりやすくいうと、自分の行為は常に他者とかかわりを持たざるをえず、それゆえに他者からの抵抗を受ける仕組みになっているということです。これは皆さんも日ごろ実感されているのではないでしょうか。

 もっとも、抵抗という言葉とは裏腹に、レーヴィットはそれを肯定的にとらえています。他者の抵抗こそが、新たな自分を作ることにつながるというのです。そのために求められるのは対話です。他者は、自分とは違う考えや行為をもたらすものです。そ…

残り660文字(全文1360文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事