【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史小川仁志の哲学でスッキリ問題解決

日本の農業の将来が気がかり。ITで問題解決できればいいのですが/138 

Q 日本の農業の将来が気がかり。ITで問題解決できればいいのですが

 日本の農業は担い手不足をはじめ、さまざまな問題を抱えていますが、はたしてこのままでいいのでしょうか? IT(情報技術)で少しでも問題を解決できればと思い取り組んではいるのですが。(ITエンジニア・30代男性)

A 天と人は一つになるとの考え=江戸時代のSDGs「転人一和」をもって解決を図ろう

 たしかに日本の農業はいくつかの大きな問題を抱えています。ご指摘の担い手不足は長年の懸案ですが、そのほかにも耕作放棄地の増加や海外産との価格競争なども深刻です。私も、都市近郊における農地相続問題の悩み相談を受けたことがあります。

 日本にとって農業はやはり重要な産業であり、食料自給率の観点からもこのまま問題を放置するわけにはいきません。最近は労務管理や作業用ロボットの導入などITによって農業の問題を解決しようという動きもありますが、より根本的な発想の転換が求められているように思えてなりません。そこで参考になるのが、日本の思想家安藤昌益(しょうえき)の考えです。

 昌益は「忘れられた思想家」とも称される通り、江戸時代の思想家ながら、日本では戦後まで知られることがありませんでした。が、その思想は決して忘れてはいけない大切な要素を含んでいます。それは農業に関する考え方です。

農業で自然の世を獲得

 彼は、農業を自然による営みととらえ、人間はその自然の摂理に合わせなければならないと説きました。そのため人間は、誰もが労働として農業に従事すべきことを求めたのです。そうしてはじめて、天と人は一つになるという思想「転人一和」を唱えました。昌益は天を転…

残り743文字(全文1443文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事