【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

国際・政治ワールドウオッチ

ジャカルタで地下鉄やバスの連続利用で合計運賃を約90円以下に=高島雄太

首都ジャカルタの目抜き通りで NNA撮影
首都ジャカルタの目抜き通りで NNA撮影

インドネシア 世界最悪の大気汚染の改善狙い=高島雄太

 世界各地の大気汚染状況を公開しているスイスの空気清浄機メーカー「IQエアー」によると、インドネシアの首都ジャカルタの空気質指数(AQI)は、6月上旬からの1カ月間のうち約半数の日が「不健康」となった。世界最悪の水準となる日も多い。新型コロナウイルスの感染状況が落ち着き、人流が増加したことが要因の一つにあり、公共交通機関の利用を加速させることが急務となっている。

 ジャカルタ中心の目抜き通りでは、約8キロメートルの移動に車で1時間以上かかることも珍しくない。一方、同区間の地下を走る都市高速鉄道(MRT)を利用すれば、15分ほどで到着する。

残り226文字(全文523文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事