教養・歴史アートな時間

地下鉄の廃トンネルで暮らす孤独な母娘を描く…2人の監督の鮮烈デビュー作=勝田友巳

(C)2020 Topside Productions, LLC.All Rights Reserved.
(C)2020 Topside Productions, LLC.All Rights Reserved.

映画 きっと地上には満天の星 地下世界に生きる孤独な母娘 監督兼主演の鮮烈デビュー作

 悲しくて痛々しくて、でも美しい。ニューヨークの地下鉄のさらに下、取り残された空間で肩を寄せ合っていた親子が行き場をなくし、さまよい歩く。シビアなドキュメンタリーのようなリアリティーと、未知の世界をのぞく白日夢のようなファンタジーのきらめきを併せて持っている。セリーヌ・ヘルド、ローガン・ジョージ監督の鮮烈なデビュー作だ。

 地下鉄の廃トンネルに、地上に家のない人々が暮らしている。ニッキーもその一角で寝起きし、5歳の娘リトルを一人で育てていた。ある日市の職員が大勢現れて、追い立てられたニッキーはリトルを連れて上の世界へと逃れ出た。

残り975文字(全文1283文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事