教養・歴史アートな時間

ビーチボーイズの支柱を助手席に乗せて、南カリフォルニアを巡りつつ=芝山幹郎

©2021TEXAS PET SOUNDS PRODUCTIONS, LLC
©2021TEXAS PET SOUNDS PRODUCTIONS, LLC

映画 ブライアン・ウィルソン/約束の旅路

この天才は「壊れ物」だった。そんな彼の安息を願う映画

 10年前の2012年8月、私は幕張の野球場へビーチ・ボーイズのコンサートを見にいった。中学生のころから好きなバンドで、〈アイ・ゲット・アラウンド〉や〈サーフィン・USA〉の楽しさは無双だった。

 ただ、この夜の私は、ブライアン・ウィルソンから眼が離せなかった。70歳を迎えた彼が、どんな姿になったのか。どんな声でなにを歌うのか。

 ブライアン(ウィルソン3兄弟の長兄)はビーチ・ボーイズの音楽的支柱だ。ミリオンセラーを連発したのは1960年代前半のことだが、そのあとが大変だった。楽しいヒット曲の陰では、高度で複雑なハーモニーを求める悪魔的な才能が身を焼く。メンタル面の脆(もろ)さゆえ幻聴に悩まされ、父親の身勝手な行動にも苦しめられてきた。

残り947文字(全文1313文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事