【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

資源・エネルギー鎌田浩毅の役に立つ地学

関東大震災は再来するか=鎌田浩毅

谷状の「相模トラフ」が元凶/109 

 首都直下地震はいつ起きてもおかしくないとされる激甚災害だが、その想定の中には1923年に起きた関東大震災の再来が心配されている。約10万5000人の犠牲者を出し、全半壊・全焼した家屋は約37万棟に達した複合型の都市災害である。

 その原因はマグニチュード(M)7.9という規模の「海の巨大地震」であり、房総半島と伊豆大島の間を境とする二つのプレートがずれることによって発生した。すなわち、陸のプレートである北米プレートの下に、海のプレートであるフィリピン海プレートがもぐっている箇所がずれたのである(本連載の第73回参照)。

 この海底にある「相模トラフ」という谷状の地形は、巨大地震を周期的に起こす元凶である(図)。相模トラフは大正時代に関東大震災を引き起こしただけでなく、1703年に元禄関東地震(M8.2)を起こし、鎌倉に高さ8メートル、品川に高さ2メートルの津波が押し寄せた。その結果、1万人以上の死者を出し、江戸の元禄文化を打ち砕いたとされている。

 近い将来にこのタイプの地震(M8.2)が海底で起きると、東京湾に2~4メートルの津波が25~45分で押し寄せる。また震源に近い相模湾内では高さ6~10メートル以上の津波が5~10分で襲ってくる。

 侵入した津波は地震で破壊された堤防の隙間(すきま)をぬって、首都東部のゼロメートル地帯を襲う。都心には網の目のように地下鉄が通っているので、地下街とともにその浸水対策が急がれる。

 さらに、震度6強以上の強い揺れによって、東京湾の埋立地や川崎市や横浜市などの沿岸域では激しい液状化が起きると予想される。その結果、内閣府の被害想定では最大の死者数3万1000人、また全壊棟数は39万棟に達する。

来年で「100年」

 …

残り734文字(全文1484文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事