教養・歴史書評

「自分の声」見つけるため、27歳で黒人神学の門をたたいた日本人=ブレイディみかこ

×月×日

 何かを調べていると、全然関係のない本を読んでいるはずなのに、なぜか知ろうとしていたことや人物が登場して驚くことがある。『それで君の声はどこにあるんだ? 黒人神学から学んだこと』(榎本空著、岩波書店、2200円)に出てきたカール・バルトがまさにそうだった。同書は、「黒人解放の神学」の提唱者、ジェイムズ・H・コーンから学ぶために27歳でマンハッタンのユニオン神学校の門をたたいた日本人著者が、師であるコーンとの思い出に捧げたものである。

 コーンは黒人神学を切り開いた神学者として知られているが、「黒人神学」の「黒人」はマルコムXから、「神学」はキング牧師から、と言っていたそうだ。米国で公民権運動が盛り上がっていた1960年代後半、神学という学問は、ストリートで繰り広げられている黒人を解放する運動とどう関わっていくのか。それがコーンの独自の神学の出発点だった。この問いに、西洋の神学者たちによる白人の神学は答えてくれなかったからである…

残り885文字(全文1307文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事