【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

国際・政治ワールドウオッチ

ブラジル スーパーは閑古鳥が鳴くのに外飲みは繁盛=美代賢志

 ブラジル地理統計院(IBGE)によると、2022年第2四半期の雇用状況は非公式を含めて前期比で300万人の増加を記録、失業率は前期の11.1%から9.3%へ大きく低下した。

 ただし、この1年間で労働者の平均収入は5.1%も減少。アナリストらはポストパンデミックで弾みが付いた景気も高金利やインフレで減速し、22年下半期に労働市場は息切れすると懸念している。

 IBGEの小売り調査では、22年5月の小売り販売指標が数量ベースでプラス0.1%、金額ベースではプラス0.4%にとどまる。IBGEによると、広範囲な業種で悪化傾向が見て取れるという。実際のところ、スーパーマーケットに足を運んでも、週末ですら広い売り場が閑散としている。少なくとも現状では消費行動に変化は見て取れない。

残り169文字(全文507文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事