【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史アートな時間

気楽なコメディーがじんわりしみる=勝田友巳

©2020-Gelo Films-ARTE France
©2020-Gelo Films-ARTE France

映画 みんなのヴァカンス

ロマンスも事件も起きない男3人組の残念すぎる夏=勝田友巳

 ギヨーム・ブラック監督の作品には、舞台の真ん中で脚光を浴びるような人は出てこない。主人公は、お芝居ならセリフはせいぜい一言か二言、観客の印象にも残らないチョイ役クラス。しかしブラック監督にかかると、ささやかな人生の一瞬が生き生きと輝きを放つ。「女っ気なし」(2011年)も「やさしい人」(13年)も、味わい深く忘れがたい。それなのに、寡作なうえに日本ではあまり公開されず、なんだか残念。「みんなのヴァカンス」は久々の新作である。

 この映画の主人公、看護師のフェリックスも片隅の一人。パーティーで出会ったアルマと意気投合し、彼女が家族と出かけたバカンス先にサプライズで現れようと計画して、親友のシェリフを誘い込んだ。相乗りアプリで見つけたエドゥアールの車に同乗し、川べりのキャンプ場に向かう。

残り837文字(全文1223文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事