経済・企業独眼経眼

「中国経済失速」報道は“木を見て森を見ず”の典型である=藻谷俊介

 過去3回の当コラムで、リアルタイムで見たインフレは減速してきていること、景気は良好でインフレは吸収可能であることなど、悲観的なコンセンサスとは異なる見通しを数字とともに示してきた。幸い、そのことが理解されるようになると金融市場も落ち着きを取り戻し、世界的に金利は低下し、株価も回復してきた。

 大インフレ懸念からスタグフレーション懸念、リセッション懸念へと変化してきた世界の悲観的論調は、行き場を失い、足元では中国経済の減速を懸念する方向に向かっている。しかし、筆者はこれも間違っていると思っている。

 リアルタイムで景気波動を見るには、実態に遅行する前年同月比を排し、中国の統計にも季節調整をかける必要がある。すると、実際の中国経済は上海ロックダウンの4月こそ軟調だったが、5~6月には急回復を果たしていることが分かる。7月には感染再拡大の影響が心配され、一部にマイナスはあったものの、僅かである。

 今回紹介するグラフはその代表的なものである。

 中国の鉱工業生産は7月に反動減もなく上り詰め、あっさりと史上最高値を更新した(図1)。内訳を見ると、総合景気を反映する発電量、電力使用量はいずれも続伸して史上最高値を記録。自動車生産はぎりぎり史上最高値更新を逃したが、自動車販売台数は最高値を更新している。こうした全体像を見ずに、統計の伸びが市場予測を若干下回ったことや、苦境下にある企業の数例のみを挙げて、「中国経済が失速」と報道するのはいかがなものだろう。

消費は最高水準が継続

 需要サイドを見ても、7月は小売売上高に反動減が出たが、グラフの通り無視できるほどであるし、史上最高水準の消費が続いているこ…

残り358文字(全文1058文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事