経済・企業グラフの声を聞く

円安メリットを享受する日本の対外資産 市岡繁男

 今年8月の東京都区部の消費者物価指数(持ち家の帰属家賃を除く総合)は前年比3.5%増と、消費税率引き上げの影響が本格化した2014年9月以来の水準となった。だが日銀は量的緩和の維持を優先し、4年債以下の国債利回りはいまだマイナス金利のままだ。米2年債利回りが3.5%台にある現状を鑑みると、米国株が大暴落でもしない限り、円安が止まらなくなる怖さがある。

 もっとも、公的年金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)など、対外投資に積極的だった投資家は円安メリットを享受している。20年7月に0.5%台だった米長期金利が3.2%台に上昇したことに伴い、金利とは逆の動きをする米10年債先物価格はピーク比17%も下落した。同じく米国株もピークから17%安だ。

残り239文字(全文572文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事