【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

経済・企業独眼経眼

輸出に日本経済の「けん引役」を期待してはいけない=斎藤太郎

 世界経済は、新型コロナウイルスの影響で2020年に急減速した後、21年は高成長を記録したが、ここにきて減速傾向が鮮明となっている。

 コロナ禍からの回復ペースが速かった米国の実質国内総生産(GDP)は、22年1~3月期に続き4~6月期も前期比マイナスとなり、簡便的に景気後退(テクニカル・リセッション)とされる2四半期連続のマイナス成長となった。

 正式な景気循環は、全米経済研究所(NBER)が判断するが、その際に重要視する雇用、個人消費などの経済指標はおおむね堅調を維持している。

 テクニカル・リセッションが必ずしも本物の景気後退を意味するわけではない。ただしFRBは、たとえ景気後退を招くとしても、インフレ抑制のために金融引き締めを継続する、との姿勢を示しており、景気を軟着陸させるハードルは上がっている。

日本の景気は米国次第

 1970年以降の日米の景気循環を振り返ると、円高不況の80年代半ば、消費税率引き上げ時の97年のように、日本だけが景気後退に陥った例はある。その一方で、米国が景気後退局面入りした時には必ず、日本も景気後退に陥っている(図1)。米国が景気後退を回避できるかどうかが、日本経済の先行きを大きく左右することになりそうだ。

 米国以上に景気後退の可能性が高いのは欧州だ。ユーロ圏経済は、インフレ抑制のための金融引き締めに加え、ロシアのガス供給削減による悪影響が大きいため、景気後退に陥ることが予想される。さらに、ロックダウンの影響で22年春に急速に悪化した中国経済は、先行きについても「ゼロコロナ政策」による下振れリスクの高い状況が続く公算が大きい。

 日本の輸出額で各国のGDP…

残り353文字(全文1053文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月18日号

EV&電池世界戦16 米中欧のEV覇権争いと戦略なき日本の危機 ■野辺 継男18 蓄電池は21世紀の石油 ニーズこそ進化を促す20 インタビュー 只信一生 電池サプライチェーン協議会会長、パナソニックエナジー社長 「蓄電インフラ整備こそ日本の課題」21 米国先制 17州が35年に「脱ガソリン車」 ■ [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事