【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史小川仁志の哲学でスッキリ問題解決

パワハラを受けていますが、自分の何が悪いのかわかりません/144

Q パワハラを受けていますが、自分の何が悪いのかわかりません

 上司のパワハラに悩んでいます。先輩に相談すると、私自身にも非があるのではないかといわれるのですが、何が悪いのかわかりません。そのせいか、相談窓口に行くのもちゅうちょしてしまいます。(金融業勤務・40代男性)

A 人は自己決定を促すイマジナリーな領域への権利を持つ存在、悩まないで

 日ごろ私たちが、一番わかっているようで実はわかっていないのが「自分という存在」です。私も子供の頃から、親や先生に叱られるたび、その理由がわからず悩んできました。パワハラもそうなのかもしれません。自分にも非があるといわれても、なかなか気づかないのが普通です。もちろん、実際に非がある場合の話ですが。

 この問題については、アメリカの哲学者ドゥルシラ・コーネルの議論が参考になります。コーネルによると、私たちは自己のイメージに基づいて自己決定しているといいます。自己のイメージとは、自分を取り巻く環境によって形成されるイメージのことです。つまりそれは、環境や他者からの反応によって形成されていきます。例えば、他者の反応を鏡のように見て、確認していく感じです。

自己イメージの再確認

 一般にはそうした自己のイメージは、幼少期に形成されるかのように思いますが、実は大人になっても常に形成され続けているのです。コーネルはそんな自己のイメージを形成するという人間の営み、あるいはプロセスを「イマジナリーな領域」と呼んでいます。私たちは皆、自分のイマジナリーな領域への権利を持っているというのです。

 ところが、イマジナリーな領域への権利は往々にして侵害されることがあります。たと…

残り646文字(全文1346文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事