【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

国際・政治ワールドウオッチ

ニューヨークへの銃持ち込み合憲化で、住民の銃保有申請が急増 冷泉彰彦

自衛のため、銃を求める人が増えている Bloomberg
自衛のため、銃を求める人が増えている Bloomberg

 6月の連邦最高裁判決により、他州で合法的に銃保有の許可を取っている人は、ニューヨーク州内、同市内にも銃の持ち込みが認められることになる。治安維持のため、厳しい銃規制を実施してきたニューヨークにとっては脅威になる可能性がある。

 治安維持の観点から、ニューヨークのアダムズ市長、そしてホークル州知事は、市内で最も観光客で賑わうタイムズスクエア地区を「特定地域」に指定。同地域内への銃の持ち込みを禁…

残り297文字(全文494文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月18日号

EV&電池世界戦16 米中欧のEV覇権争いと戦略なき日本の危機 ■野辺 継男18 蓄電池は21世紀の石油 ニーズこそ進化を促す20 インタビュー 只信一生 電池サプライチェーン協議会会長、パナソニックエナジー社長 「蓄電インフラ整備こそ日本の課題」21 米国先制 17州が35年に「脱ガソリン車」 ■ [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事