国際・政治ワールドウオッチ

台湾企業の5割が賃上げを予定するも、勤労者の9割がインフレ懸念 井上雄介

物価高もあり、国民は手放しでは喜べない Bloomberg
物価高もあり、国民は手放しでは喜べない Bloomberg

 台湾が10月にも入国規制の撤廃に踏み切る中、国内企業の49.8%が10〜12月の賃金引き上げを予定していることが、就職情報サイト「yes123求職網」の調べで分かった。

 また、企業の8割は今後、新規採用も予定している。特に内需型企業が多く、飲食、宿泊、レジャー、卸売り、小売り、運輸物流などの企業が採用に積極的だ。また、輸出型の科学技術・ITも多くの企業が採用を行う。募集時賃金は平均4万1443台湾元(約…

残り306文字(全文510文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月3日号

金利ある世界18 長期金利の居場所の探り合い 10年国債が主役に復活する日■稲留克俊21 絶えざる資産インフレとデフレ■水野和夫22 ドル・円 米金利上昇で景気失速、金利低下 1ドル=130円の円高を目指す■吉田恒24 日本株 企業に生じた「インフレ利得」 「マイナス金利」が追い風に■黒瀬浩一27 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事