教養・歴史小川仁志の哲学でスッキリ問題解決

悩み事を聞いてくれる人が欲しいが、方法を教えてください/147

Q 悩み事を聞いてくれる人が欲しいが、方法を教えてください

 悩み事を相談する相手がいません。別に解決してほしいわけではなく、ただ聞いてほしいのですが、一方で自分のプライバシーを知られたくはありません。どうすればいいでしょうか?(保険会社勤務・50代女性)

A コンティネンティアと呼ぶ心の調整機能を駆使し、「告白」してみよう

 こんな時キリスト教徒なら教会の中の告解場で自分の悩みや心の葛藤を打ち明けるのかもしれません。でも、日本では普通はそういう場は少ないでしょう。だから親友や家族などに打ち明けるのでしょうが、それでも何もかもさらすのはちゅうちょするものです。

 そこで参考にしたいのは、古代ローマの哲学者アウグスティヌスの思想です。彼はまさに『告白』という著書の中で自らも正直な気持ちを告白し、そして告白という行為の意義自体について論じています。

 ただ、ここでいう告白は、決して過去の自分の過ちをざんげするものではありません。

 そうではなくて、自分は過去においていかなる人間だったのか、そして現在においていかなる人間なのかをありのままに打ち明けるものなのです。そうやって心の整理をするわけです。アウグスティヌスにいわせると、心は決して確固たるものではなく、むしろ集中と分散の間を行き来する不安定なものです。

心の整理を意識

 だからこそ、告白という形で常に整理をする必要があるのです。心を落ち着けるために。それこそが告白の目的であるといえます。彼が「慎み(コンティネンティア)」と呼ぶ心の調整機能を用いて、心の中心に立ち戻るのです。そうしてはじめて、私たちは心の整理をすることができます。その意味で告白と…

残り626文字(全文1326文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事