【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史鎌田浩毅の役に立つ地学

日本人のノーベル賞受賞を喜べるのも今のうち

昨年のノーベル物理学賞の受賞決定後、米ニュージャージー州の自宅で喜びの表情を見せる真鍋淑郎さん
昨年のノーベル物理学賞の受賞決定後、米ニュージャージー州の自宅で喜びの表情を見せる真鍋淑郎さん

海外で研究業績を上げる日本人もそのうち払底する/119

 今年のノーベル物理学賞は、「量子もつれ」と呼ばれる現象を実証するなどした米欧3氏に決まった。一方、昨年はコンピューターを用いて地球の気候を再現する「気候モデル」を確立した真鍋淑郎(まなべしゅくろう)博士が受賞したが、実はノーベル物理学賞がこうした応用分野に与えられる例はあまり多くなかった。加えて、地球科学分野のノーベル物理学賞受賞は、地球上層大気の研究を行って「アップルトン層」を発見した英物理学者アップルトンが1947年に受賞して以来、実に74年ぶりのことであった。

 そもそもノーベル物理学賞は、物理学の基本原理の研究に与えられることが多く、身近な地球の現象に光が当たることはまずなかった。気象や地震、噴火といった地球の現象は、さまざまな要素が複雑に絡み合っており、単一の原理で説明することが不可能なため、授賞理由として研究を特定することが難しいというのも理由の一つである。

 もともと気象学は物理学を駆使して成立する科学だが、長い間ノーベル物理学賞の対象分野ではないと思われていた。そうした中で真鍋博士の理論は、気候変動解析の基礎を作った点で世界中の評価を得られる画期的な業績であった。さらに、ノーベル賞は社会に貢献する業績に与えるべきものとする近年の傾向から、地球温暖化問題を解決する物理学が評価されたのは当然の流れともいえる。

変わらない研究環境

 真鍋博士のノーベル物理学賞にはもう一つ、日本の科学教育にまつわる大きな課題が横たわっている。愛媛県出身の真鍋博士は東京大学大学院で博士号を取得した後、1950年代から気象研究を開始した。58年に27歳で渡米し、大気の二酸化炭素が増加すると地上温度が上昇する現象を世界で初めて数値で示した。75年に米国市民権(国籍)を得て、現在もニュージャージー州在住である。

 このように、博士はノーベル物理学賞につながるキャリアのほとんどを米国で築いた。米国籍を選んだ理由について、博士は受賞後にこう語った…

残り535文字(全文1385文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事