国際・政治チャイナウオッチ 中国視窓

ハイテクなど新型インフラに注力の中国、「ギガビット都市」も当たり前?! 神宮健

5G基地局も急速に広がり、社会全体のDXが加速している Bloomberg
5G基地局も急速に広がり、社会全体のDXが加速している Bloomberg

 中国の景気回復が全体としてもたつく中、比較的高い伸びを示している経済指標もある。

 今年1~8月期の工業生産は全体で前年同期比3・6%増にとどまったが、ハイテク製造業は同8.4%増。固定資産投資が全体の同5.8%増に対し、ハイテク投資は同20.2%増に上った。計算機・通信・その他電子設備製造業などの伸びが高い。

 ハイテク分野を重視した政策も採られている。9月に国家発展改革委員会(発改委)は、地方債発行や政策金融などにより、新型インフラ建設を後押しすると発表した。また、中国人民銀行(中央銀行)は、金融機関へ2000億元(約4兆700億円)以上を中銀貸し出しとして提供。金融機関がそれを資金に新型インフラ施設、産業のデジタルトランスフォーメーション(DX)などを含む10分野の設備更新改良のために、企業へ貸し出すことを支援するとした。

広がるギガビット都市

 新型インフラとは、発改委によれば3種類ある(2020年4月)。第一は、情報インフラ。5G(第5世代移動通信システム)▽モノのインターネット(IoT)▽衛星インターネットなどの通信インフラ▽AI(人工知能)▽ブロックチェーンなどの新技術インフラ▽データセンターなどの計算力インフラ──などが含まれる。

 第二は融合インフラだ。インターネットやビッグデータ、AIなどの技術による伝統的なインフラの高度化を指し、スマート交通、スマートエネルギーのインフラなどがある。第三は、イノベーションに向けたインフラで、科学研究、技術開発、製品研究などを支える公益的なインフラとしている。

 ここで高速データ通信と計算能力を見ると、5G基地局は今年7月末に196.8万局(21年末は142.5万局)となり、各地方の計画ではさらに増加する。北京、上海など29都市が既…

残り652文字(全文1402文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

6月20日号

日本株 沸騰前夜14 東証新指数「トヨタ外し」が好材料 新NISA控え先回りする外国人■浜田健太郎/和田肇17 インタビュー 草刈貴弘 カタリスト 投資顧問ファンドマネジャー18 バフェット氏の商社株買い 総会で「さらなる投資」に意欲■尾藤峰男20 CFOに聞く1 インタビュー 鉢村剛 伊藤忠商事副 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事