国際・政治チャイナウオッチ 中国視窓

新エネ車のシェア2割超え、普及拡大への分岐点到達か 真家陽一

中国の新エネ乗用車販売台数で首位となったBYDのNEV(北京市内) 筆者撮影
中国の新エネ乗用車販売台数で首位となったBYDのNEV(北京市内) 筆者撮影

 中国で電気自動車(EV)を中心とする新エネルギー自動車(NEV)の販売が拡大している。2015年の販売数は33万台で、自動車全体でのシェアは1.3%にすぎなかったが、21年は前年比2.6倍の352万台と急増、シェアも13.4%に達した。

 22年に入っても好調で、1~9月期の販売台数は前年同期比2.1倍の457万台と、すでに21年通年の台数を超えた。全体に占めるシェアも23.5%に上昇し、中国政府が20年11月に公表した「新エネルギー自動車産業発展計画(21~35年)」で掲げた「25年に20%前後」との目標を上回った。

 政府はこれまで①製造業の高度化(次世代NEVでグローバルスタンダードを握る)、②経済安全保障(原油の輸入依存度の低下)、③大気汚染対策(PM2.5の発生抑制)などに資するNEVを普及させることで、「自動車大国」から「自動車強国」への転換を図るべく政策を打ち出してきた。

 また習近平国家主席が20年9月の国連総会で「30年までの二酸化炭素(CO₂)排出ピークアウト、60年までのカーボンニュートラル(CN)の実現を目指す」、いわゆる「3060目標」を表明したことで、CN政策の観点からもNEV推進に拍車がかかっている。

 具体的には、NEVの販売促進に向け、需要面では車両購入税(車両価格の10%)免税や補助金支給などの支援措置を講じてきた。また、渋滞対策などを目的に自動車登録に規制を設けている都市において、NEVについては登録に必要なナンバープレートが無料、または規制の枠外とするといった優遇措置も行ってきた。

 こうした措置がNEVの販売拡大に貢献したのは確かだが、注目されるのが21年以降、自動車登録に規制のない都市でもNEVの販売台数が大幅増加していることだ。中国のNE…

残り630文字(全文1380文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事