教養・歴史鎌田浩毅の役に立つ地学

ノーベル賞の「古代ゲノム学」と地学の密接な関連/下

ネアンデルタール人と人類交配/122

 今年のノーベル医学生理学賞を受賞したスバンテ・ペーボ博士は、我々の所属する現生人類(ホモ・サピエンス)がどこから来たのかという問いに答えるため、約4万年前に絶滅したネアンデルタール人の全ゲノム配列を知る方法を開発した。

 ネアンデルタール人はホモ・サピエンスの祖先ともいわれる「旧人」で、1856年にドイツ西部のネアンデル谷(タール)の洞穴で骨格の化石が発見されたことにちなむ。ネアンデルタール人の脳の容量は1300ccほどで、がっちりとした体格だったとされる。また居住域には葬式跡があることから、死者を埋葬する文化があったとも考えられている。

 さらに遺跡には草花の花粉が見つかることから、花を添えたという説もある。ネアンデルタール人は約40万前からヨーロッパから西アジア一帯で暮らしていたが、約4万年前に絶滅した。

 ペーボ博士は2008年、ロシアのシベリア南部デニソワ洞窟で発見された骨のDNAを解析し、ネアンデルタール人に近い古代人類「デニソワ人」の存在を明らかにした。

 博士は発掘した骨に歯科医のドリルで小さな穴を開け、わずかだけ残っているDNAを取り出して解読することに成功した。

 その結果、ネアンデルタール人は現生人類の直系の先祖ではないものの、我々の祖先と交雑していたことを示す明らかな痕跡を見つけた。

 また、デニソワ人由来の遺伝子は、チベットなど高地での生存に有利に働くことが分かってきた。絶滅したはずの遺伝子が、現存の人類にも影響を与えていることを突き止めたのである。

コロナ感染にも影響

 それまでの学説では、ネアンデルタール人は独自の文化を持っていたが、ホモ・サピエンスとの争いに負けて絶滅し、系譜が完全に途切れたと考えられていた。ところが、博士の研究はネアンデルタール人がホモ・サピエンスと数千年にわたり共存し、かつ交配していたことを明らかにした。

 具体的には、ヨーロッパ人とアジア人の持つDNAの1~4%がネアンデルタール人由来であることが判明…

残り524文字(全文1374文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事