【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史アートな時間

独りで中絶に向き合う女性を通し、一方的に道を閉ざされる普遍的恐怖を描く 勝田友巳

©2021 RECTANGLE PRODUCTIONS-FRANCE 3 CINĒMA-WILD BUNCH-SRAB FILMS
©2021 RECTANGLE PRODUCTIONS-FRANCE 3 CINĒMA-WILD BUNCH-SRAB FILMS

映画 あのこと

 社会意識の変化でどれほど性別の垣根が低くなったとしても、「男性=オス」には経験できないことがある。妊娠と出産、それに中絶もそうだ。映画界は男性が支配してきたし、中絶は宗教的、政治的に繊細なこともあって、ドラマの一要素として取り入れられても、正面から描かれることは少なかったように思う。

 21世紀に入って、妊娠中絶が映画の主題としても目立ち始めた。2004年のマイク・リー監督の「ヴェラ・ドレイク」は、1950年代の英国で違法な中絶手術を手掛けた主婦が主人公だったし、07年のクリスティアン・ムンジウ監督による「4ヶ月、3週と2日」は、チャウシェスク政権下のルーマニアで、同級生の中絶のために奔走する女子学生を描いた。この2作は男性監督だが、20年「17歳の瞳に映る世界」のエリザ・ヒットマン監督は女性で、米国の17歳の少女が中絶手術を受けるまでを少女の視点から追った。

 これら中絶を描いた映画、すべて3大国際映画祭の最高賞を受賞している。「ヴェラ・ドレイク」はベネチアの金獅子賞、「4ヶ月──」はカンヌのパルム・ドール、「17歳──」はベルリンの銀熊賞。そして本作「あのこと」のオードレイ・ディヴァン監督は女性で、60年代のフランスでの違法中絶が主題。ベネチアの金獅子賞を受賞した。

 成績優秀な大学生のアンヌは、妊娠していることに気付く。かかりつけ医は同情はしても手は講じず、中絶とい…

残り690文字(全文1290文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事