国際・政治闘論席

真の保守は善悪を区別できる 小林よしのり

小林よしのりの闘論席

「善悪二元論」を幼稚だと否定する風潮が、知識人の間では大勢になったような気がする。

 かつて、オウム真理教を擁護する思想家、宗教学者、知識人、サブカルが跋扈(ばっこ)し、オウムが近代を超えるポストモダンとして、もてはやされた。

 オウムの犯罪が明らかになった後でさえ、警察vsオウムを善悪で判断してはいけないという価値相対主義がはびこり、オウムを悪と断定したわしは、「麻原さんは本物の宗教家だ」と主張する吉本隆明氏から批判された。

 だが結果は現実の通りで、麻原は何ら宗教的信念を披露することもなく、単なるカルト犯罪者として死んだ。

残り547文字(全文820文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月7日号

賃上げサバイバル16 大企業中心の賃上げブーム 中小の7割は「予定なし」 ■村田 晋一郎19 インタビュー 後藤茂之 経済再生担当大臣 賃上げは生産性向上と一体 非正規雇用の正社員化を支援20 「賃上げ」の真実 正社員中心主義脱却へ ■水町 勇一郎22 賃上げの処方箋 「物価・賃金は上がるもの」へ意 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事