国際・政治グラフの声を聞く

ロシア同様に対中投資も接収? “イラン核武装”で中東戦争再来? 市岡繁男

 昨年2月のウクライナ戦争勃発以降、世界は米国を中心とする西側諸国と、ロシア、中国を中心とする旧共産圏の2大ブロックに分断し始めた。安いサプライチェーンよりも安全なサプライチェーンが重視され、過去30年以上にわたる東西融合は終焉(しゅうえん)を迎えつつある。

 そんな情勢の変化に伴い、経済の先行きを考えるには地政学上の分析が不可欠となった。その意味で筆者は次の二つの報道が気になる。一つは、プーチン露大統領が「ロシア企業は『非友好的』な国の株主の議決に従う必要はない」とする法令に署名という記事…

残り371文字(全文618文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

6月13日号

電力が無料になる日 NTT、東電、トヨタが拓く未来14 NTT、東電、トヨタの共闘 捨てる再エネは「宝の山」■金山隆一18 インタビュー 森島龍太・電池サプライチェーン協議会業務執行理事「電池は国家のエネルギー戦略そのもの」19 電池のリユースは自動車業界の命綱■藤後精一20 EV電池の送電接続こそ [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事