教養・歴史コレキヨ

小説 高橋是清 第1話 追悼会=板谷敏彦

     

    <新連載>

     昭和12(1937)年2月28日夜、前年の2・26事件で殺害された高橋是清の追悼晩餐(ばんさん)会が帝国ホテルで開催された。帝都を震撼(しんかん)させた反乱事件のショックから1年が過ぎた日のことである。

     事件当時に第13代日本銀行総裁の役職にあった深井英五は、その後も1年間職務を続け、この追悼会の少し前に辞職したばかりだった。

     深井は赤坂日枝神社下の自宅で追悼会出席の準備を整えると、迎えの自動車に乗り込んだ。深井は一般の歴史の中ではほぼ無名だが、金融史の分野ではきらめく巨星のひとつである。約30年前の日露戦争以来、長らく高橋是清に仕えて共に仕事をしてきた、いわば相棒だった。

    残り2461文字(全文2758文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット