教養・歴史コレキヨ

小説 高橋是清 第3話 横浜大火=板谷敏彦

     <新連載>

     元治元(1864)年秋、是清は英語学習の国内留学のために横浜へと向かった。10歳である。

     この2年前には生麦事件が起きている。薩摩藩主の父である島津久光の大名行列の前を馬上のまま横断したイギリス人に対し、護衛の藩士が切りつけて、1名を殺傷、2名に重傷を負わせた。イギリスは艦隊を連ねて直接薩摩に談判に赴き、結果として薩英戦争に進展した。

     また長州藩は下関海峡を封鎖、まさに是清が横浜に出立しようとしている頃、列強との間で馬関戦争が起こっ…

    残り2545文字(全文2770文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月25日号

    残る・消える地銀16 本業の貸し出し低迷続き 半数超で衰える収益力■岡田 英/白鳥 達哉17 地銀全104行 収益力ランキング20 指標別ランキング 〈与信費用〉 4分の3で増加、想定超も21          〈貸出金利回り〉3割が「1%割れ」22          〈不動産業向け貸出比率〉大正が [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット