教養・歴史コレキヨ

小説 高橋是清 第5話 初の海外渡航=板谷敏彦

     <新連載>

     慶応3(1867)年是清13歳、春も終わろうかという頃、是清たちに海外渡航の許可が下りた。幕府はその前年に商用・留学のための海外渡航を解禁したばかりだった。

     是清の一行は、本来は勝海舟の嫡男小鹿と、そのお供の勝塾門下の仙台藩士富田鉄之助、庄内藩士高木三郎の3人であった。勝海舟は、小鹿の私費留学の許しを幕府に請い、富田鉄之助へは仙台藩から年1000両もの学費が支給された。この案件を担当した仙台藩の大童信太夫が、是清と鈴木知雄を富田の従者として同道させることにしたのである。

     仙台藩士富田鉄之助はこの時すでに32歳、富田家は門閥の中でも上位、石高2000石は大身である。富田…

    残り2384文字(全文2678文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月25日号

    残る・消える地銀16 本業の貸し出し低迷続き 半数超で衰える収益力■岡田 英/白鳥 達哉17 地銀全104行 収益力ランキング20 指標別ランキング 〈与信費用〉 4分の3で増加、想定超も21          〈貸出金利回り〉3割が「1%割れ」22          〈不動産業向け貸出比率〉大正が [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット