教養・歴史コレキヨ

小説 高橋是清 第7話 ブラウン家=板谷敏彦

    ブラウン一家の出発をサンフランシスコ港で見送る
    ブラウン一家の出発をサンフランシスコ港で見送る

     是清はオークランドのブラウン家での生活を楽しんでいた。ところが同じ奉公人の中国人コックとは何かとそりが合わなかった。

     ちょっとした誤解から、お互いの仕事の分担でもめ、やがて是清が刃物を持ち出す騒ぎになった。養祖母の喜代子が与えた脇差しを手に、是清は頭に血が上っていた。

    「もし中国人のコックを殺したら、私はどうなるでしょうか?」

     是清は興奮気味にスペンサー・ブラウンに聞いた。

    残り2347文字(全文2535文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月4日号

    AIチップで沸騰!半導体第1部 世界の開発最先端14 GAFAも開発に乗り出す AIチップの8兆円市場 ■津田 建二/編集部18 Q&Aで分かる AIチップ ■編集部/監修=本村 真人21 インタビュー ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP) 山本達夫 社長「推論用AIチップのコア開 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット