経済・企業特集

大図解・世界経済&マーケット データの裏側2 不動産向け貸し出し 銀行任せの日銀統計 個人投資の把握困難=原田三寛

地方銀行の不動産業向け新規貸し出し
地方銀行の不動産業向け新規貸し出し

 シェアハウス「かぼちゃの馬車」を展開していたスマートデイズの破産に端を発した一連の問題では、700人超の不動産投資家がスルガ銀行などから1棟当たり1億円を超える融資を受けていた。これら個人の不動産投資家の中には、想定していた家賃収入を受け取ることができず、破産する人も出てきている。

 シェアハウス市場が急拡大した背景には、素人を巻き込む不動産投資の過熱がある。日銀がマイナス金利政策を続ける中、金融機関はダブついた資金を不動産貸し出しに向けてきた。

 降って湧いた不動産ミニバブルの様相は、日銀の「貸出先別貸出金」に表れている(図1)。地方銀行の「個人による貸家業」への貸し出し(新規の融資実行ベース)は2012年ごろから17年度第1四半期まで前年同期比プラスで伸び続けた。

残り932文字(全文1269文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

7月12日号

止まらないインフレ 資源ショック20 衝撃は石油危機に匹敵 「資源小国」日本の正念場 ■荒木 涼子/和田 肇24 原油の行方 2次制裁発動なら記録的高騰へ ■原田 大輔27 中国・インド “ロシアに冷淡”な資源輸入国 ■和田 肇29 戦略物資 EVや再エネの普及に必須の「銅」 ■片瀬 裕文30 天然 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事