経済・企業特集

会社を買う売る継ぐ 10年間は相続・贈与税ゼロ! 事業承継の税制Q&A=柿沼慶一

    株価は相続税全体を左右する
    株価は相続税全体を左右する

    Q1 事業承継にかかる税金とは?

    A 自社株の評価額が相続財産に

     オーナー企業の経営者が後継者に事業を引き継がせようとする場合、代表者としての地位とともに、保有する株式も移転させる。生前に株式を移転するのであれば贈与税、死後に相続によって移転する場合は相続税が、その時点の株式の評価額に応じて生じてくる。後継者に株式を売却する場合には、元の経営者に所得税が発生する。

     企業オーナーの相続財産は、株式の占める割合が大きくなりがちで、遺産分割時に後継者と他の相続人との間でもめたり、相続税を納税するための現金が足りなかったりといった問題が生じる。相続財産のなかに他に換金できる資産がなく、現金を作るために会社が自社株買いを行うとなれば、株式購入のための資金を用意しなければならず、経営体力が削られてしまう。

    残り2446文字(全文2796文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事