国際・政治特集

総括!安倍政治の功罪 沖縄基地問題 犠牲を固定化する新基地建設 民意の無視は日本の未来に禍根=屋良朝博

    辺野古基地移転に向け護岸工事が進む沿岸部
    辺野古基地移転に向け護岸工事が進む沿岸部

     言葉が乱れると世は乱れると論語は説く。米軍基地が集中する沖縄で新基地建設を強権的に進める安倍政権のレトリックはまさに混迷を深めさせる。安倍首相はこう主張する。日本の「安全保障」に必要な「抑止力」を維持するため、「地理的優位性」のある沖縄に米軍を駐留させる。そして街の中心部にある普天間飛行場を人口の少ない沿岸部の名護市辺野古へ移転する計画が抑止力を維持しつつ、沖縄県民の負担を軽減する「唯一の選択肢」である。この説明は正確、誠実なのだろうか。

     安倍政権に限らず、民主党政権も普天間の辺野古移設を容認した時、「抑止力」の言葉を振りかざした。しかし抑止力は相手の受け止め方、判断、理性などによる。正常な判断ができない、例えば泥酔した人に何を言っても通じない。北朝鮮について「あの国は何をしでかすか分からない。だから沖縄の米軍が重要だ」といった不思議な抑止論が横行する。

    残り1156文字(全文1539文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事