国際・政治特集

総括!安倍政治の功罪 エネルギー政策 リスクが高い原発から全面撤退し、再生可能エネルギーを積極推進せよ=河合弘之

    福島第1原発事故、放射性汚染水を貯蔵するタンク
    福島第1原発事故、放射性汚染水を貯蔵するタンク

     安倍首相は、原発の危険性も含めてエネルギー政策をわかっていないと思う。エネルギー政策の重要性と世界のトレンドを理解できていない。その大きな理由は小泉純一郎元首相のように、本を読んだり、映画を見たりして、自分で勉強しないからだろう。経済産業省やエネルギー庁の官僚が言うことを何の吟味もしないで受け入れているように、私の目には映る。

     2018年7月に閣議決定された「第5次エネルギー基本計画」(政府が策定するエネルギー政策の中長期的な方向性を示す計画)は最悪の代物だった。結局従来の方針を変えようとはせず、原発を重要なベースロード電源(一定電力を低コストで安定供給できる電源)と位置づけ、2030年度の電源構成に占める目標比率を20~22%に据え置いた。

    残り1193文字(全文1519文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事