【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

経済・企業特集

負の相続から身を守る方法

相続手続きの選択しは三つある
相続手続きの選択しは三つある

継がない子にも債務が降りかかる=椎葉基史 会社を買う、売る、継ぐ

 中小企業では、法人の借り入れに対して、経営者個人が連帯保証人となっているケースがほとんどだ。この連帯保証人の立場は、経営者が死亡すれば、自動的に法定相続人が相続することになる。法人が借り入れを返済できなければ、相続人に返済の義務が生じるのだ。

「会社は兄弟が継いだから自分は関係ない」と思い込んでいる人もいるかもしれない。だが実際には、新社長が経営者保証を負いつつ、先代の経営者の個人保証も残っているという二重保証のケースも多い。先代が亡くなった後に、会社の経営状態が悪化すれば、金融機関によっては、先代の債務保証を引き継いだ法定相続人たちに返済を求めてくる。

残り2622文字(全文2934文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月6日号

狭まる包囲網 税務調査 富裕層、暗号資産、リベート……14 国税が示す相続財産評価 “伝家の宝刀”の3基準 ■加藤 結花17 狙われる富裕層 海外口座情報は190万件超 円安で多額の為替差益に注意 ■高鳥 拓也20 海外財産 「3調書」が国税の捕捉の武器 富裕層を狙い提出義務者拡大 ■多田 恭章23 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事