経済・企業特集

負の相続から身を守る方法

    相続手続きの選択しは三つある
    相続手続きの選択しは三つある

    継がない子にも債務が降りかかる=椎葉基史 会社を買う、売る、継ぐ

     中小企業では、法人の借り入れに対して、経営者個人が連帯保証人となっているケースがほとんどだ。この連帯保証人の立場は、経営者が死亡すれば、自動的に法定相続人が相続することになる。法人が借り入れを返済できなければ、相続人に返済の義務が生じるのだ。

    「会社は兄弟が継いだから自分は関係ない」と思い込んでいる人もいるかもしれない。だが実際には、新社長が…

    残り2730文字(全文2934文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月30・5月7日合併号

    7月施行 使いこなす!相続法&税16 大きく変わる相続のカタチ 自宅贈与は税金にも注意 ■加藤 結花/下桐 実雅子相続法編18 もめる遺言、もめない遺言 自筆証書は「遺留分」の考慮を ■小堀 球美子21 使い込みトラブル 4パターン解説 で対処 ■大神 深雪23 いらない“負”動産 国庫帰属させる相 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット