経済・企業特集

会社を買う売る継ぐ 遅々として進まない「脱・経営者保証」=武下毅

 金融庁と中小企業庁は近年、金融機関に対して「経営者保証」に過度に依存しない融資の推進を求めている。(1)法人と経営者との関係の明確な区分・分離、(2)財務基盤の強化、(3)経営の透明性確保──といういわゆる「3要件」が満たされている場合、経営者保証を取らないことを「経営者保証に関するガイドライン」で定め、14年2月から適用した。金融庁はこの間、融資実行の際に経営者保証を取るべきかどうかをしっかりと検討するよう、繰り返し呼びかけてきた。

 しかし、その後「保証に頼らない融資」の取り組みが広く浸透したとは言い難い。足元、金融機関の新規融資に占める経営者保証を取らない融資の割合は、全体平均で約16%に過ぎず、数字は関係当局の期待ほど上がらない。多くの地域金融機関には、「原則として保証は徴収すべき」との長年の融資慣行・実務方針が風土として残る。

残り629文字(全文1002文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事