経済・企業特集

SONYは自動運転に適した画像センサーに注力 EV&つながる車

    春田勉(ソニーセミコンダクタソリューションズ・車載事業部副事業部長)
    春田勉(ソニーセミコンダクタソリューションズ・車載事業部副事業部長)

     クルマの大転換期をビジネスチャンスと捉え、世界シェア首位のCMOSイメージセンサーを車載に投入するソニーの担当者に聞いた。

    (聞き手=大堀達也、撮影=中澤満菜)

    ── 2021年3月期までに累計1兆円の設備投資を行う。その最大項目である画像処理センサーの「CMOS」とは。

    ■ビデオカメラやデジタルカメラなどで広く使われている「CCD」の時代からイメージセンサー(レンズから入った光を電気信号に変換する半導体)を手掛け、技術には定評がある。強みは「画素」をしっかり作れることで、CCDの次のCMOSもさまざまな場面で使われている。

     先進運転支援システム(ADAS(エーダス))や自動運転で必要となる、周囲の状態を見るセンサーには、車載カメラに搭載されるイメージセンサーのほか、レーダー、LiDAR(ライダー)などがあるが、色を見分ける機能を持ち、白線や信号の状態を認識できるのはイメージセンサーだけ。なかでもCMOSは撮像に特化しており、高速性と低消費電力でCCDを上回るなど圧倒的に使いやすい。

    残り895文字(全文1341文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月10日号

    中国発世界不況 新型コロナショック20 連鎖する“新型肺炎ショック” 日経平均「1万4000円」も ■岡田 英/浜田 健太郎24 自動車 中国ディーラーの7割「客ゼロ」 ■鈴木 貴元25 ハイテク PC・スマホの期待感しぼむ ■大山 聡26 インバウンド 中国客40万人減が日本の景気冷やす ■横山  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット