経済・企業特集

EV&つながる車 「レアメタル不足」の真実 電動車の種類で異なる使用量 “EVシフトの壁”という誤解=阿部暢仁

    電動車の種類ごとにバッテリーの容量とレアメタルの使用量は異なる
    電動車の種類ごとにバッテリーの容量とレアメタルの使用量は異なる

     世界の各地域における環境規制を背景に、自動車の電動化が進んでいる。その流れのスピードに大きく影響を及ぼすのがバッテリー技術の進化であり、幅広い産業プレーヤーが技術投資している。コストと性能要件を満たすための技術開発に加えて、最近では原材料として必要な希少金属(レアメタル)の供給可能性が課題として挙げられている。

     具体的には、現在主流であるリチウムイオンバッテリー(LiB)の正極材に使われているコバルトだ。コバルトはバッテリー出力を安定化するために一定量採用されている。過去4~5年間におけるコバルトの市場価格を見ると自動車の電動化に伴い2倍に高騰している。主な供給国はアフリカのコンゴ民主共和国だが、採掘における児童労働などの問題も指摘されており、今後の需要拡大に供給が追い付かないことが懸念されている。

    残り1542文字(全文1897文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事