【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

経済・企業特集

EV&つながる車 車体材料(構造材・内装材) 化学企業の“川中”展開が加速 自動車会社にノウハウ提供も=澤砥正美

東レの炭素繊維素材をボディーに採用したクルマ(Bollmberg)
東レの炭素繊維素材をボディーに採用したクルマ(Bollmberg)

 <活況!車載市場>

 地球温暖化の一因とされる二酸化炭素(CO2)の削減のため、軽量化、電動化をはじめ自動車の環境対応の動きが加速している。自動車の安全を維持した上での軽量化は永遠のテーマ、特に電動化や自動運転の技術が進歩するにつれ軽量化の要求は一層強まっている。

 高出力のリチウムイオン電池(LiB)を積めば、車体重量はガソリン車より重くなってしまう。自動車の重量を100キログラム軽量化できると、燃費は1リットル当たり1キロメートル改善されるといわれる。このため自動車メーカー各社は鉄に替わる軽量化素材として、エンジン関連部材を中心にアルミを採用してきた。

 今後は、耐熱性が求められるエンジン関連部材で、さらに軽量な「エンプラ」「スーパーエンプラ」といわれる樹脂の採用拡大が予想される。エンプラのPPS(ポリフェニレンサルファイド)は耐熱性が200度以上あるため、LiBや電装品など各所が熱を帯びる電気自動車(EV)に適し、モーターコイルを束ねるワイヤや絶縁体、電動装置のフィルム向けに需要が拡大している。

残り2363文字(全文2818文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月11日号

止まらない円安 24年ぶり介入第1部 市場の攻防15 亡国の円買い介入 財政破綻を早める ■編集部17 1ドル=70円台はもうない ■篠原 尚之 ドル高が揺さぶる「国際金融」 ■長谷川 克之18 円安 これから本格化する内外金利差の円売り ■唐鎌 大輔20 国力低下 米国の強力な利上げはまだ続く 円 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事