経済・企業特集

EV&つながる車 半導体 電動化対応で新素材の開発加速 自動運転は次世代チップ導入=阿部哲太郎

    クルマの機能ごとに異なる車載半導体
    クルマの機能ごとに異なる車載半導体

     <活況!車載市場>

     クルマの電動化や自動運転の広がりにより、車載半導体の市場規模は年々増加している。17年の車載半導体の市場規模はブルームバーグによると388億ドル(約4・2兆円)で(図2)、クルマの高機能化に伴い搭載金額は、今後年率5%以上で成長すると見られる。

     半導体メーカーやメガサプライヤーは半導体の研究開発や設備投資を続けている。一方、完成車メーカーは内製化を狙い、ティア1(部品の1次下請け)企業と連携して車載半導体の技術革新を急ぐ。トヨタ自動車は今年6月、電子部品の量産研究・生産機能のデンソーへの集約を発表。グループとしての開発・生産の競争力を高めていく方針だ。

     車載半導体は、(1)電子制御ユニット全般に使われるマイコンやアナログ半導体、(2)電力の変換や変圧を行う省エネに欠かせないパワー半導体、(3)自動運転システムに使われる認知・判断・制御をつかさどるGPU(画像処理半導体)などのデジタル半導体──に分類できる(図1)。

     電気自動車(EV)化で重要になるのが、省エネのキーデバイスとして重要性が増しているパワー半導体だ。車載用途にとどまらず、家電、送変電などさまざまな分野で使われる。車載向けでは、電動車の駆動モーター用のインバーター、自動運転システム、車外では急速充電器や電気スタンドなど多様な部分でパワー半導体が使われる。

    残り2178文字(全文2755文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月10日号

    中国発世界不況 新型コロナショック20 連鎖する“新型肺炎ショック” 日経平均「1万4000円」も ■岡田 英/浜田 健太郎24 自動車 中国ディーラーの7割「客ゼロ」 ■鈴木 貴元25 ハイテク PC・スマホの期待感しぼむ ■大山 聡26 インバウンド 中国客40万人減が日本の景気冷やす ■横山  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット