経済・企業特集

EV&つながる車 センサー 部品から“サービス”に移る開発 「利用者目線の価値」が競争領域=貝瀬斉

    港湾での運用に特化した独ZFの自動運転トラクター
    港湾での運用に特化した独ZFの自動運転トラクター

     <活況!車載市場>

     クルマがさまざまなモノとつながる「コネクテッド」「自動運転(Autonomus)」「シェアリング」「電気自動車(EV)」というクルマの大きなトレンドは、それぞれの頭文字を取って「CASE(ケース)」と呼ばれる。これに合わせ、新たなセンサーなど中核となる部品開発も進んでいる。

     興味深いのは、従来はハードを単体で供給してきた部品メーカーが、自らサービスや大きなシステムまで手掛け始めていることだ。この動きには、クルマの具体的な利用シーンに直接携わることで、自社が手掛ける関連部品の価値を高め、事業拡大につなげる狙いがあるようだ。

    残り2470文字(全文2744文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月3日号

    絶望の日韓16 「次は自動車」焦る韓国 戦後最悪いつまで ■浜田 健太郎19 インタビュー 申ガク秀 元駐日韓国大使 “法の日本”と“正義の韓国”の妥協点 「韓国政府と日韓企業で徴用工補償を」20 徴用工問題の本質 植民地支配の “清算”に変化 ■浅羽 祐樹22 韓国社会の意識 摩擦招いた道徳的“正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット