経済・企業特集

EV&つながる車 中核部材・技術 モーター、コンデンサーの需要拡大 機械・電子部品企業の業績押し上げ=和島英樹

    クルマを構成する部品の高性能化が進んでいる・・・(Bollmberg)
    クルマを構成する部品の高性能化が進んでいる・・・(Bollmberg)

     <活況!車載市場>

     車の電動化が進む中、電気自動車(EV)用のモーターやコンデンサーなどで日本企業が急速に存在感を高めている。

     日本電産は2017年にプラグインハイブリッド車(PHV)やEVの駆動用モーターを開発した。独自開発した冷却機構をモーターに採用し、既存品に比べ重量の削減、小型化を実現した。ギアボックスやインバーターも含めて展開する。同年末には子会社を通じて、自動車大手の仏PSAグループとEV向けモーター開発・製造などを目的に合弁会社を設立。中国で19年5月に量産開始予定だ。完成車向けでシェア4割を目指し、売上高は25年に1000億円を超えるとの予想もある。

     安川電機のモータードライブシステムはマツダのデミオEVなどの駆動システムに採用されている。同社独自の電子式巻線切り替え技術とモーター制御技術をEV向けにマツダと共同開発。低速領域で必要とされる高トルクモーターの特性と、高速領域で必要とされる高回転モーターの特性を併せ持つ高性能が特徴だ。また、加速時と巡航時に十分な出力を引き出す電子式巻線切り替え技術「QMET(クメット)ドライブ」を製品化している…

    残り2362文字(全文2849文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット