経済・企業商社の深層

インドネシアの植林に若手を投入 丸紅のムシパルプに再生の兆し=編集部 商社の深層/122 

    南スマトラにあるムシパルプの植林地(丸紅提供)
    南スマトラにあるムシパルプの植林地(丸紅提供)

     投資を決めたのは1995年、総事業費は約1400億円。丸紅がインドネシアで手がけてきた植林と紙パルプ生産事業「ムシパルプ」が23年かけてようやく軌道に乗り始めた。巨額の初期投資負担や、植えた木が根腐れをおこす病害などで2017年3月期には150億円を超える損失に見舞われたが、この四半期には赤字から脱却。少額出資から完全子会社化し、事業に腰を入れたことが再生の道筋をつくった。

     インドネシアの南スマトラで紙パルプを生産する大規模な植林事業が始まったのは70年代後半。まずは荒廃…

    残り1367文字(全文1606文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月30・5月7日合併号

    7月施行 使いこなす!相続法&税16 大きく変わる相続のカタチ 自宅贈与は税金にも注意 ■加藤 結花/下桐 実雅子相続法編18 もめる遺言、もめない遺言 自筆証書は「遺留分」の考慮を ■小堀 球美子21 使い込みトラブル 4パターン解説 で対処 ■大神 深雪23 いらない“負”動産 国庫帰属させる相 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット