経済・企業商社の深層

商用EVの電池素材「本命」狙う 東芝と双日の負極材はブラジル産=編集部 商社の深層/123

    ブラジルのミナス・ジェライス州にあるCBMM社のニオブ精錬工場(双日提供)
    ブラジルのミナス・ジェライス州にあるCBMM社のニオブ精錬工場(双日提供)

     双日が長年、日本での総代理店を務めてきたブラジル産の希少金属が注目されている。薄くて軽くて丈夫な高張力鋼、いわゆるハイテンと呼ばれる高級鋼材の添加剤に使われるニオブだ。リチウムイオン電池の負極材に使えば従来の炭素系の負極材に比べ、充放電サイクルが5~10倍に伸び、シェアリングカー、バスなど商用の電気自動車(EV)に使われる蓄電池の素材として、一定のシェアを占める可能性もある。

     今年6月、双日と東芝のインフラ事業会社である東芝インフラシステムズ(川崎市)はブラジルのCBMMと…

    残り1193文字(全文1433文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込み)が、今なら特別価格980円(税込)

    2019年3月末までのお申し込みで6カ月間は特別価格でご提供

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月26日号

    為替でわかる世界経済20 ドル・円の膠着生む 米1強とリスクオフ ■大堀 達也22 割安で放置されるドル 進まない円安 ■高島 修24 予想実質金利が示す円高進行 ■内田 稔26 「1ドル=114円」程度まで円安は進む ■佐々木 融28 為替予想で覚えたい プロが重視する5つの指標 ■市川 雅浩  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット