マーケット・金融商社の深層

伊藤忠はファミマとポケットカードでキャッシュレス=編集部 商社の深層/124 

    「ポケットカードを軸にキャッシュレスやカードレス決済にも取り組んでいく。大株主であるファミリーマートともさまざまな取り組みを考えていく」(伊藤忠商事の加藤修一金融・保険部門長)

     今年4月、ユニー・ファミリーマートホールディングスを子会社化すると発表した伊藤忠商事。三菱商事が子会社ローソンの銀行参入を決めるなか、対抗策が注目されているが、伊藤忠は傘下のポケットカードを軸にキャッシュレスを強化していく。

     伊藤忠は他商社に先んじて商社で唯一、与信機能を持つクレジットカード会社を持つ。昨年8月、ファミリーマートとともに会員数480万人のポケットカードの株式80%を握り、非公開化した(残り20%は三井住友銀行)。同社を軸にキャッシュレスやカードレス決済、新たに出資したネット通販の後払い決済ベンチャーと組んで実店舗でのカードレス決済にも乗り出すという。

    残り1136文字(全文1511文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事