経済・企業特集

商社 商社セブン 丸紅 ここに注目! 輸送機器 空港の地上業務委託好調=氏家俊明

    スイスポート・ジャパンが手がける航空機誘導業務 丸紅提供
    スイスポート・ジャパンが手がける航空機誘導業務 丸紅提供

     丸紅の輸送機グループには、航空・船舶▽自動車・リース事業▽建機・産機の3本部がある。最終利益は、2018年3月期が410億円だったが、グループ傘下の国内外事業会社の安定的な収益拡大に加え、自動車向け急速充電器の北米販売も好調で、19年3月期は440億円を見込む。

     航空事業では、長年、航空機や航空機用エンジン、ビジネスジェット機の代理店として、知見を積んだ。この知見を生かして新たな事業分野にも参入してきた。その一つが、搭乗手続きや荷物の上げ下ろし、航空機の誘導などグラウンドハンドリング・サービスを手がける「スイスポート・ジャパン」(出資比率49%)だ。

     成田、羽田、中部、関西、福岡の各国際空港で、海外航空会社から委託を受けてグラウンドハンドリング・サービスを手がける。ここ数年、インバウンド需要増を追い風に、海外航空便が増えており、引き合いは強い。共同出資者はこの分野で世界屈指の「スイスポート・インターナショナル」(51%、本社・スイス)で、当社はマイノリティー(少数)出資にとどまる。ただ、グラウンドハンドリング・サービスは人手が必要な労働集約的…

    残り1000文字(全文1479文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事