経済・企業特集

中国の闇 疑問6 EVブームは終わり? 政策限界で消費者の需要減へ=野呂義久

    中国のEV市場の拡大にはハードルも
    中国のEV市場の拡大にはハードルも

     2017年の中国の自動車販売台数は2888万台に達し、2位米国(約1723万台)の1・7倍となる世界最大の市場規模だ。電気自動車(EV)など新エネルギー車の販売も世界の半分近くを占める78万台となり、中国がEV市場をリードするのではないかとの見方が広がっている。

     中国のEV産業戦略は、12年の「省エネと新エネルギー自動車産業育成計画」において、新エネ車の生産能力を20年までに200万台に引き上げる目標を掲げたことに端を発する。14年から購入補助金を導入し、現在に至るEVブームが起こる。

     さらに17年には、「自動車産業中長期発展計画」で新エネ車の販売を20年に200万台、25年に700万台へと増加させる目標を発表した。17年を起点とすると、25年までの総市場の増加分600万台は新エネ車の増加分にほぼ一致する(図1)。

    残り1752文字(全文2115文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月1日号

    スマホ・5Gの新王者第1部20 3大携帯会社に挑む楽天 新技術で5Gの主役狙う ■柳沢 亮/浜田 健太郎24 5Gで変わる通信業界 米巨大IT依存が深まる 勝負は「非通信」ビジネス ■石川 温27 インタビュー NEC 河村厚男 執行役員常務ネットワークサービスビジネスユニット担当 「5Gで世界シェ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事