経済・企業特集

中国の闇 疑問7 家計の借金は破裂寸前? 住宅ローン抱えて消費低下=湯浅健司

    家計債務の膨張が続けば消費はさらに冷え込む
    家計債務の膨張が続けば消費はさらに冷え込む

     中国の債務問題が再びリスクとして浮上してきた。2017年秋の共産党大会で習近平政権は債務の圧縮を指示し、公共投資の絞り込みや不採算の国有企業の整理などを進めてきたが、ここに来て、経済の減速懸念から債務圧縮の方針を転換。公共投資を主体とした景気刺激に取り組もうとしているためだ。一方で、過剰債務は家計をもむしばみ、消費の伸び悩みを招いている。

    「下半期は減速していたインフラ投資が持ち直すだろう」

    残り2345文字(全文2542文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット