教養・歴史特集

演奏するほど価値を維持できるストラディバリウスの世界=小田切尚登/花谷美枝

    名器ストラディバリウスを弾く気鋭の若手バイオリニスト、成田達輝さん
    名器ストラディバリウスを弾く気鋭の若手バイオリニスト、成田達輝さん

     世界で最も高額な楽器、ストラディバリウスは、なぜ特別な存在として君臨し続けるのか。

     現存するストラディバリウスの中でも非常に保存状態が良く、価値の高い楽器の一つと言われる「レディ・ブラント」(1721年製)。この楽器が2011年6月、オークションで980万ポンド(約12億円〈当時のレート〉)で落札された。落札価格が開示されるオークションで、ストラディバリウスが1000万ドルを超えたのは史上初のことだった。

     売却したのは日本音楽財団(東京都港区)だ。東日本大震災の復興支援のために出品した。この財団がレディ・ブラントを購入したのは08年。財団は取得価格を明らかにしていないが、1000万ドル強(10億円超)で購入したと見られている。

    残り2707文字(全文3025文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事